2013年09月24日

ダービー完敗のマンU、モイーズ監督は「ヘアドライヤー」と化し選手を叱責か


現地時間22日(以下現地時間)に行なわれたマンチェスターCとのダービーで、1対4と完敗したマンチェスターU(以上イングランド)。同クラブのデイ ビッド・モイーズ監督は試合後、「ヘアドライヤー」と呼ばれた前任のアレックス・ファーガソン氏のように、チームを叱責したようだ。ロイター通信が報じて いる。カシオ gショック



 現地メディアは今回のダービーについて、マンUにとっては単なる敗戦ではなく、屈辱だと報じた。また、モイーズ監督がファーガソン前監督のようにチームを大声で叱責したと伝えている。g shock



 ジーショックモイーズ監督は、「ヘアドライヤー」と呼ばれたファーガソン氏のようにチームを叱責したかと問われると、「やるべきことをやった。エヴァートン時代に何 度もここに来たが、ここまでの大敗はなかったと思う」とコメント。明言はしなかったものの、何らかのアクションがあったことをほのめかしている。



 モイーズ監督は「選手たちに話したことは、全力でプレーしていないと感じたら、ほかのどのクラブでも話したであろうことだ」と、然るべき対応をとったこ とを明かした。同監督はその上で「彼らは良い選手たちであり、素晴らしいプロだ。尻を叩かれる時とそうでない時くらいは理解している」と選手の奮起を促し ている。



 マンUはFWロビン・ファン・ペルシがそ径部の負傷によりこの試合を欠場したが、モイーズ監督はそれを言い訳にはできないと強調。その上で、「ファーガ ソン前監督時代のように、選手たちは反撃する」「どの監督も苦しい時期を経験してきた。私も例外ではないよ」と、25日に行なわれるリーグカップのリヴァ プール戦での巻き返しを誓っている。



 一方、大勝したマンCのマヌエル・ペリェグリーニ監督は、「マンUに4対1で勝つとは誰も思っていなかっただろう」とコメント。「我々はこの勝利を味わ うつもりだ。それはチームに大きな自信を与えてくれるだろうね。我々は新たなプレースタイルに挑戦し始めたばかりだが、このまま向上し続けたい」と大勝を 喜び、チームをさらに成長させたいとしている。
posted by カシオ,casio,カシオ 時計,casio 時計 at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「通訳」胸に響く…バレンティン「感謝したい」









「通訳」胸に響く…バレンティン「感謝したい」

バレンティン(左)といつも行動を共にする近藤広二通訳(中央)カシオ gショック




 王貞治らが持っていた55本のシーズン本塁打記録に並び、抜き去ったヤクルト・バレンティン。ジーショック



記者会見場で照明とフラッシュを浴びるバレンティンの反対側に座る、球団通訳の近藤広二さん(43)は緊張していた。g shock



「彼が言ったことを自分が訳し、活字になる。言葉の大事さ、重みを感じた」。滑らかに操るとはいえ、英語は母国語ではないバレンティン。機械的に訳しては、真意が伝わらないかもしれない。歴史的瞬間の言葉を、適切な日本語で表せるよう言葉を慎重に選んだ。



中でも、「フィール リリーフ」というバレンティンの言葉を「ほっとした」と訳した瞬間が印象深く残っている。「最初に出た言葉。これまでのいきさつを知っているので」と、近藤さんは振り返る。



蓄積した経験が生きる場面だった。1997年に球団通訳に採用されてから、ペタジーニ、ラミレスと大物外国人選手も担当した。そこで意識したのは、日常 のコミュニケーション。選手の性格を知り、言わんとすることをくみとる。不用意にプライドを傷つけないよう、監督、コーチからの助言も言い方に気を配っ た。



子供っぽいところのあるバレンティンが、気持ちよくプレーできる環境作りにも苦心した。おだてることもあれば、あえて厳しく接することもあった。そんなバレンティンが55号、56号と2度の記者会見で、感謝したい人に「通訳」も挙げ、「うれしかったです」。



「ローズの通訳も、カブレラの通訳も、できなかった経験ができたわけですから。大変だったけど、彼のおかげです」。報道陣が殺到した一時の騒ぎは落ち着いた今、そう思っている。(下村征太郎)


posted by カシオ,casio,カシオ 時計,casio 時計 at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西武・石井が引退表明「長かった…時期的にそろそろかな」









西武・石井が引退表明「長かった…時期的にそろそろかな」

引退会見を行い、笑顔で報道陣の質問に答える石井一久カシオ gショック




 西武の石井一久投手(40)が24日、埼玉県所沢市内の球団事務所で会見し、今季限りで現役を引退することを表明した。g shock



【写真】01年にヤクルトを日本一に導き神宮のフェンスの上でガッツポーズした石井 ジーショック



 
「長かったなと思います」と22年のプロ生活を振り返った石井。「時期的にそろそろかなというのがあって、今でも勝ちたいと思う気持ちもあるし、やれると いう気持ちもあります」としながら、「そこに向うまでの準備に少し疲れたかなというところだと思います」と決断の理由を説明した。



石井は東京学館浦安から91年ドラフト1位でヤクルトに入団し、左腕エースとして4度の日本一を経験。97年9月2日横浜戦ではノーヒットノーランを達 成した。ポスティングシステムで02年にドジャースに入団し、1年目に14勝を挙げるなどメジャーで計39勝。06年にヤクルトに復帰し、07年オフに FA宣言して西武に移籍した。00年に最優秀防御率、98、00年には最多奪三振のタイトルを獲得。日米計22年で通算182勝をマークしている。



今季は左肩の不調で出遅れ、1軍での登板は7試合。8月15日に出場選手登録を抹消されてからは2軍でも登板していなかった。


posted by カシオ,casio,カシオ 時計,casio 時計 at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。